ゲーム機エミュレータの紹介・解説・ニュースをしている総合サイトです。

2013年3月1日 祝!ブログ13周年達成。

Ootake 2.50 リリース

2011年2月11日 【PCエンジン

PCで動作するPCエンジンのエミュレータ、Ootake 2.50がリリースされました。

  • “スターパロジャー”をCDフルインストール(“CD-ROM”メニュー)した際に、環境によってフリーズしてしまっていた問題に対応しました。

    ※”スターパロジャー”のCD-ROMは、外周ぎりぎりまで音楽データ等が書き込まれているためか、CD-ROMドライブの読込性能によっては、ノイズが混じってしまう等、今バージョンでも、正常に読み込めない場合があります。メーカーツール等で、CDドライブの読み込み(回転)速度を調整できるCDドライブの場合、”遅い速度の設定”にすると、正常に読み込めるかもしれません。(こちらの環境:Pioneer製のBDR-205にて、付属のツールで”常時静音モード”にしたところ、正常に読み込みできています)。

    ※また、今バージョンで、”スターパロジャー”をCDフルインストールする場合、自動的に”遅い読込速度”で読み込むようにしました。コマンドが対応しているドライブの場合、正常に読み込みやすくなったかもしれません。

    ※それでも駄目な場合、中古屋等で安価に売っている低速CD-ROMドライブでも読み込み性能が高いドライブは多いと思うので、CEエミュレータ用には最適かもしれません。

  • CDフルインストール時に、トラック1の警告メッセージ(Track01.wav)の終端にノイズが載ってしまうゲームがあった不具合を修正しました。
  • ビデオチップの描画処理部分を実機の動作に近づけました。”ワールドサーキット”のタイトル画面やメニュー画面の背景色が、黒色になっていた問題が解消しました。
  • 速度とタイミングを実機の動作に近づけました。”スプリガンmk2″のステージ8のビジュアルシーンで、画面が乱れてしまうことがあっ た問題(最近のバージョンで発生)が解消しました。
  • “天外魔境2”,”リンダキューブ”の戦闘シーンで、背景画面がちらついていた問題(最近のバージョンで発生)が解消しました。

    ※”天外2”は、稀にちらつくことは実機でも同様にあります。”メタルエンジェル”のオープニングデモ画面が乱れていた問題(最近のバージョンで発生)が解消しました。

  • その他、細かい部分を修正&改良しました。
  • “Windows 98/Me”向けの実行ファイルを公開しました。Win98/Me上での動作テストはしていません。詳細や注意点等は、ZIPファイル内の”Readme98.txt”をご覧ください。

OotakeOotake

★★★★★ | フリーソフト | Windows | Ootake公式サイト

Ootakeは今も頻繁に開発されている国産PCEエミュ。PC2Eのソースを元に改良しました。実機の再現性を目標にしているだけあり、再現性はかなり高いです。ほとんどのROMが動作しHuカードやCD-ROM2にも対応しています。再現性を上げる分処理は重くなりますが設定で変更できます。ちなみに作者は大竹さんではありません。

エミュレータとは

各種ゲームソフトをパソコンで遊べるようにするツールをエミュレータといい、初心者でもカンタンに扱うことができます。

しかしゲームソフト(ROMイメージ)の取り扱いには注意が必要で自分が持っているソフトで遊ぶことは問題ありませんが、不特定多数の人にROMイメージを配布することは著作権法違反となりますので気をつけてください。

サイトに関するご要望や意見はこちらから