3DOエミュレータ解説

パソコン上で動作する3DO Realエミュレータを紹介。エミュレータ本体やプラグインとツールのダウンロード可能。

3DOソフトをPCで動かす方法

登場する時代が10年ほど早すぎた3DOは認知度も低く開発者も少ない状態です。今でもエミュ開発されてはいますが実質一つとなります。

FreeDO
3DOエミュ: FreeDOの起動画面
性能:
★★★★☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド/セーブステート
FreeDO

FreeDOは唯一の3DOエミュです。動作させるだけならほとんどのゲームソフトに対応していますが、再現性はまだ調整中とのことで完成まであと一歩の出来となっております。

起動するにはBIOSイメージが必要なので用意してないと何度も読み取りウィンドウが立ち上がりますので注意してください。コントローラーには対応していますがそのまま設定することはできません。ここからはレジストリーを設定することになるので初心者にはオススメしません。

HKEY_CURRENT_USER\Software\FreeDO\FreeDO Emulator

この場所にキー設定が保存されています。見た感じでどこのキーになるかはなんとなく分かりますが16進数なのが困るところでそのまま入力しても認識しないわけです。

「16進数 キーボード」などのキーワードでグーグル検索してください。キー設定さえしてしまえばJoy To Keyといった支援ツールによりコントローラーで遊ぶことが出来ます。

FreeDO関連リンク

3DO (スリーディーオー)は1993年にエレクトロニック・アーツ社が開発したゲーム機で日本では1994年に松下電器より販売された。今でこそBattleFieldで有名になったEAですが当時は知る人も少なく32ビットの性能といえどもコストが高かったためソフトもユーザーもついていくことができなかった。

EAの考えは「高性能なハードがあればソフトが勝手についてくる。」
任天堂の考えは「遊んでもらうためのソフトに合わせたハードがある。」
この違いですね。結果、値下げに値下げを重ねても売れることが無くプレイステーションやN64に敗北して撤退しました。

高性能ハードだったのには理由があり、当時としては珍しい考え方で「マルチメディアとしても使ってもらおう」としたわけですが時代がそこまで求めていなかった。ゲームの内容はコナミやカプコンが出している日本向けのもありますが多くは「洋ゲー」と言われるソフトです。

エミュレータとは

各種ゲームソフトをパソコンで遊べるようにするツールをエミュレータといい、初心者でもカンタンに扱うことができます。

しかしゲームソフト(ROMイメージ)の取り扱いには注意が必要で自分が持っているソフトで遊ぶことは問題ありませんが、不特定多数の人にROMイメージを配布することは著作権法違反となりますので気をつけてください。

■注意事項
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Copyright © 2000-2016 エミュサーチLight. All rights reserved.