N64プラグイン解説

Project64を快適に遊べる使い方を解説しています。本体やプラグインとツールのダウンロード可能。

Project64に絶対欠かせない7個のプラグイン

ここではN64エミュレータ用のプラグインを紹介しています。主にProject64Mupen64Plus1964UltraHLE 2064で使えるプラグインです。mxmkitchenさんのサイトでも分かりやすく紹介されています。

グラフィック プラグイン

Project64標準のJaboでもある程度いける。互換性の問題もあって使えるプラグインは少ない。

glN64 0.4.1 ★★★★★ OpenGLによる描画方式を採用したプラグイン。非常に再現性が高く画質も良好。設定要らず。
Rice Video 6.1.4 ★★★★☆ 一部表示がおかしい時もあるが全体的に画質が綺麗で互換性も高い。動作は若干重め。

サウンド プラグイン

zilmarとazimerを使い分けるぐらい。標準は同期がうまくいかなかったりする。
DL:Azimer’s HLE Audio 0.56 WIP2 ★★★★★ 再現性が高く音途切れもしにくい高性能プラグイン。
DL:Azimer’s ILE Audio 0.50 beta 1 ★★★☆☆ 再現性や互換性を落として処理を速くしたILEバージョン。ゲームによっては強制終了することがある。
DL:TR64 Audio 0.1 ★★☆☆☆ 互換性はそこそこで再現性が高い。ノイズや遅れて聞こえるなど同期がイマイチ。

コントローラー プラグイン

結構重要。1Pにしか対応していないものもある。コントローラーを使うならN-Rage辺りがオススメ。
DL:N-Rage’s DirectInput8 V2 1.83 ★★★★★ 互換性が高い。コントローラーパックや振動パック機能に加えていろいろとカスタマイズできる。
DL:N64 Virtual Pad 0.51 ★★★★★ コントローラーパックや振動パックだけでなく、Kailleraにも対応している。
エミュレータとは

各種ゲームソフトをパソコンで遊べるようにするツールをエミュレータといい、初心者でもカンタンに扱うことができます。

しかしゲームソフト(ROMイメージ)の取り扱いには注意が必要で自分が持っているソフトで遊ぶことは問題ありませんが、不特定多数の人にROMイメージを配布することは著作権法違反となりますので気をつけてください。

■注意事項
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Copyright © 2000-2017 エミュサーチLight. All rights reserved.