セガサターンエミュレータ解説

パソコン上で動作するセガサターンエミュレータを紹介。エミュレータ本体やプラグインとツールのダウンロード可能。

セガサターンソフトをPCで動かす方法

セガサターンはPSより知名度が低いためかエミュレータの数が少なめです。今日ではSSF筆頭にかなり再現性が上がってきました。

SSF
セガサターンエミュ: SSFの起動画面
性能:
★★★★☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド/セーブステート
None

SSFは多くの市販ゲームが動作する国産セガサターンエミュです。一時期はあまりにも酷いユーザにより開発を中断されていましたが再開してくれました。

BIOS機能を内蔵していることが特徴で初心者の方でも簡単に遊べるように思えます。またセーブステートにも対応し実機よりもさらに快適なプレイを実感できます。

動作率は85%といったところでしょうか、他のエミュよりも飛びぬけた再現性をもちネットプレイ以外は全ての機能を兼ね揃えるといっても過言ではありません。作者は日本人ですのでツイッターで気軽にやり取りできることも嬉しいですね。

SSF関連リンク
Yabause
セガサターンエミュ: Yabauseの起動画面
性能:
★★★☆☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド/チート/プラグイン
Yabauseアイコン

Yabauseは多くのプラットフォームに対応しているのが特徴のセガサターンエミュです。BIOSが無いと動作しません。

ゲーム動作数は多いほうですが完全な動作には至っておらずブロックノイズがでることもあります。しかしプラグイン方式なので設定次第ではよくなるかもしれません。今も頻繁に更新されているので期待が出来ます。

Satourne
セガサターンエミュ: Satourneの起動画面
性能:
★★★☆☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/セーブステート/プラグイン
Satourneアイコン
●nSX2公式サイト

Satourneはプラグイン方式のセガサターンエミュです。動作させるにはBIOSが必要で、ゲーム動作数はSSFやYabauseには劣りますが再現性は比較的高めなように思います。

コントローラに対応していないため外部ツールを使う必要がありますがセーブステートに対応しているのは面白いポイント。

Saturnin
セガサターンエミュ: Saturninの起動画面
性能:
★★☆☆☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド
Saturninアイコン
●Saturnin公式サイト

Saturninを動作させるにはBIOSが必要です。まだ動作が重く互換性もイマイチですがこれからに期待です。

SS(セガサターン)はセガ・エンタープライゼスが開発販売した家庭用ゲーム機です。当時としては高性能なスペックでプレイステーションとシェア争いを繰り広げた。

お互いに値下げ競争に走ったのだがサターンは高性能が仇となり、結果セガはソニー以上に赤字で売るしかなくなった。さらに大人気のFFシリーズがプレステで出たことがトドメとなった。

エミュレータとは

各種ゲームソフトをパソコンで遊べるようにするツールをエミュレータといい、初心者でもカンタンに扱うことができます。

しかしゲームソフト(ROMイメージ)の取り扱いには注意が必要で自分が持っているソフトで遊ぶことは問題ありませんが、不特定多数の人にROMイメージを配布することは著作権法違反となりますので気をつけてください。

■注意事項
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Copyright © 2000-2016 エミュサーチLight. All rights reserved.