SFCエミュレータ解説

パソコン上で動作するSFCのエミュレータを紹介。エミュ本体やプラグインとツールのダウンロード可能。

SFCソフトをPCで動かす方法

2014年8月

海外でも人気の高いハードであったスーパーファミコンは多くのエミュレータが存在しています。おかげさまでSFCのエミュレーションはほぼ完成したといえるでしょう。また海外ではSuper Nintendo Entertainment Systemという名前で発売されたので、それの頭文字を取ってSNESとなります。

ファミバックさんのサイトでいくらかの手数料はかかりますがSFCソフトのROMを吸い出して郵送してくれます。ゲームソフトの吸出しは初心者の方には難しいのでこういったサービスは助かります。

■SFCエミュ紹介一覧
higan (bsnes)
SFCエミュ: higanの起動画面
性能:
★★★★★
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド/セーブステート/チートコード
higanアイコン

開発当初はbsnesという名称でしたがSFC部分の開発が完了しマルチエミュへと進化しました。現在はhiganです。

higan(bsnes)は正に模擬機というべき性能で、実機のような再現性を一番に重視しているSFCエミュです。

他にあるような便利機能は付いていませんが、グラフィックやサウンドの再現性はかなり高い。その分、要求スペックが高めでSNESといえど快適に動かすにはCPUが2GHzクラス推奨です。ある意味マニア向けかもしれない。

再現性は最高峰ですので一人プレイをする場合にはこれがベストの選択かと思われます。

bsnes関連リンク
Snes9x
SFCエミュ: Snes9xの起動画面
性能:
★★★★★
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド/リアルタイムセーブ/チートコード/オンライン対戦
Snes9xアイコン

Snes9xはかなり前からあり尚且つ互換性も高い事で有名のSFCエミュです。
勿論、今でも最高峰の性能を持っていて利用者も多いのでバグ修正等が頻繁に行われています。

オープンソースなので開発が早く、数多くのクローンが作られそしてそれぞれ違う機能を持っています。
設定項目もグラフィック・サウンド・コントローラーを細かくカスタマイズでき気に入った設定で遊べます。処理速度もあまり重くないので今のPCだとまず問題ないと思います。

さらにいくつかのグラフィックパックに対応していていますし、チートを入力する事も出来ます。
ネット対戦が出来るのでお互いに環境がよければそれなりに遊べるでしょう。
誰かがホストをして、そこに接続してネット対戦をします。
Kailleraに繋げるクローンエミュのほうがオススメ。

日本のユーザがバグフィックス更新されてます – 1.52 fix4 (2010/1/17)

SNESGT
SFCエミュ: SNESGTの起動画面
性能:
★★★★★
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド/リアルタイムセーブ
SNESGTアイコン

SNESGTは個人的に一番好きなSFCエミュです。この作者が作るエミュはどれも完成度が高い。

TGB DualG-NESで有名な作者、GIGO氏とHii氏により共同で製作されたました。正式バージョンは0.218になりますが、掲示板のほうにbetaファイルがあります。

特徴としてはまず日本語でオプションの設定項目が分かりやすい。まるでSNEShoutの時代に戻ったような感覚。他のエミュと比べて動作が軽く、サウンドに関してはとても再現性が高い印象を受けました。グラフィックやサウンドはSnes9xよりこちらの方がいいと思います。扱いやすいので初心者な人にもオススメです。

ZSNES
SFCエミュ: ZSNESの起動画面
性能:
★★★★★
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド/リアルタイムセーブ/チートコード/オンライン対戦
ZSNESアイコン

ZSNESは昔からある再現性の高いSFCエミュとして有名でしょう。途中からWindows版も開発されるようになりましたが、少し扱いにくい面もあります。

一部の特殊ROMには対応していないですが、プレイ動画録画機能やネット対戦にも対応しています。Snes9xで対応していないゲームがあればこちらで試すといった感じでしょうか。好みで選んでください。

SNEShout
SFCエミュ: SNEShoutの起動画面
性能:
★★★☆☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド/リアルタイムセーブ
SNEShoutアイコン
●SNEShout公式サイト

SNEShoutは当時日本で主流だった、Snes9xのクローンSNEShoutです。日本語のエミュが無かったので初心者はSNEShoutを好んで使っていました。

まず設定項目が少なく、難しいところは全て省いてあるので非常に分かりやすくカスタマイズできます。実際にゲームしてみるとデフォルト設定では音が割れていたりして再現性がもう一息といったところです。

特殊ROMに対応していない等のことから、このエミュは今ではあまり利用されなくなりました。名前から分かるようにシャウト(叫び声)に反応してコマンドを出せるのでユニークです。

Snes9xpp SE'
SFCエミュ: Snes9xpp SE'の起動画面
性能:
★★★☆☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド/リアルタイムセーブ
Snes9xpp SE'アイコン
●Snes9xpp SE'公式サイト

Snes9xから互換性や機能等、色々改良したSFCエミュです。もともとSnes9xはグラフィックやサウンドの再現性が高く評価されています。

本家より少し処理が重いですが、このSnes9xpp SE'は日本語でグラフィックパックに対応済みで、時計機能も搭載しているので探偵倶楽部等のゲームも正常に動作します。さらにBS-X BIOSを利用して通常では描画する事が出来ないフォントを綺麗に表示できるようになります。

設定項目はエミュレーション全般にグラフィックとサウンドやコントローラー等の基本項目だけなので分かりやすく、何よりサウンドの設定する所がSnes9xよりも増え様々なモードがあります。

グラフィックでは描画方式の変更項目は無く、サイズの変更ぐらいしかありません。サウンドでは音質にかかわるビットレート等をカスタマイズできるので、自分好みで尚且つSnes9xを上回る設定を見つける事ができるでしょう。セーブステートに対応していますが残念ながらネット対戦は出来ません。

エミュレータとは

エミュレータは主に、入手不可能になってしまったゲーム機でも遊べることにメリットがあります。 またリアルタイムでセーブできることやネット対戦できることも魅力となります。よく勘違いしてる人がいますが、エミュレータそのものには違法性はまったくありません。

しかしゲームソフト(ROMイメージ)の取り扱いには注意が必要で自分が持っているソフトで遊ぶことは問題ありませんが、不特定多数の人にROMイメージを配布することは著作権法違反となりますので気をつけてください。


■注意事項
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Copyright © 2000-2014 エミュサーチLight. All rights reserved.