SNESGTの使い方

SNESGTを快適に遊べる使い方を解説しています。本体やプラグインとツールのダウンロード可能。

SNESGTのダウンロードと詳細解説

2014年9月

SNESGTを作ったのは数多くのエミュを手がけているGIGO氏とHii氏のSFCエミュ。とてもシンプルな作りで直感的に操作法は分かると思います。何より日本語で嬉しい。

バージョン SNESGT 0.218
ファイルサイズ 343KB
対応OS Windows2000,XP
ファイルタイプ ZIP圧縮
公式: GIGO and Hii's Page

SNESGTの詳細解説

SNESGTはTGB DualやG-NESで有名な作者、GIGO氏とHii氏による共同製作されたSFCエミュです。これは何かのエミュを改良したのではなく一から作成されました。

まず他のエミュと比べて動作が軽く、サウンドに関してはとても再現性が高いので音が正確な印象を受けました。グラフィックやサウンドはSnes9xよりこちらの方がいいと思います。

設定項目は画面のサイズ変更とコントローラー設定ぐらいですので、物足りない感じがしますが問題ないでしょう。セーブステートに対応していますし、オプションとしてメモリビューアも付いています。これもBSROMに対応していますがネット対戦は出来ません。あと若干特殊チップには弱い。

メニュー説明

標準で日本語。英語バージョンも公式サイトにあります。

ファイル
読み込み .smcファイル(ROMイメージ)を読み込む。
履歴 最近プレイしたゲーム一覧です。
リセット エミュ機能でのリセットです。若干動作は速い。普段はこれ。
ハードリセット 例えばエンディング後の二週目やクリア後のゲームがあるときはこれ。
開放 ROMを読み込む前の状態に戻ります。設定を変えたいときなどに使います。
一時停止 緊急の用事のときなど、一時中断しておきたいときに。
状態保存 リアルタイムセーブです。何回もやり直し必要な場面で使ったりする。
状態復元 リアルタイムセーブで作った場所から再開できる。
SPCダンプ 録音です。.spcという専用拡張子になりますが対応するプレイヤーで聴くこともできます。
終了 止めるときに。
オプション
設定 全体の設定。まずはここから設定します。特に分からなければ標準のままでも構いませんが、入力の項目だけは設定しておきましょう。
画面 簡単設定。画面サイズの変更ができます。
入力 パッドかマウスを選択します。
言語 標準は「内部リソース」。
ツール メモリビューアにより、使用されている部分を設定変更できる。チート機能みたいなものです。
ログ表示 エミュの動きをログ表示させることができる。
■SFCエミュ一覧 (各種エミュ性能比較)
Snes9x
Snes9x [★★★★★]
最高峰の性能とオンライン対戦も可能。サウンドが少しノイズ気味。
ZSNES
ZSNES [★★★★★]
特殊ROMに弱いがオンライン対戦やプレイ動画録画も可能。
SNESGT
SNESGT [★★★★★]
日本語表示で扱いやすい。グラフィックやサウンドの再現性はトップクラス。
bsnes
bsnes [★★★★★]
再現性は最強だが、負荷が高くエミュ便利機能はない。
SNEShout
SNEShout [★★★☆☆]
日本語表示で人気だったが過去のもの。特殊ROMに弱く再現性も低め。
Snes9xpp SE'
Snes9xpp SE' [★★★☆☆]
特殊ROMに強く再現性はSNEShoutよりも高いが、こちらも過去のもの。
エミュレータとは

エミュレータは主に、入手不可能になってしまったゲーム機でも遊べることにメリットがあります。 またリアルタイムでセーブできることやネット対戦できることも魅力となります。よく勘違いしてる人がいますが、エミュレータそのものには違法性はまったくありません。

しかしゲームソフト(ROMイメージ)の取り扱いには注意が必要で自分が持っているソフトで遊ぶことは問題ありませんが、不特定多数の人にROMイメージを配布することは著作権法違反となりますので気をつけてください。


■注意事項
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Copyright © 2000-2014 エミュサーチLight. All rights reserved.