ワンダースワンエミュレータ解説

パソコン上で動作するワンダースワンのエミュレータを紹介。エミュ本体やプラグインとツールのダウンロード可能。

ワンダースワンソフトをPCで動かす方法

海外で知名度の低かったゲーム機はエミュレータ開発がどうしても遅れてしまいますね。最近になり遊べるようになってきました。

Oswan
ワンダースワンエミュ: Oswanの起動画面
性能:
★★★★☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows/Mac/Linux
機能:
サウンド/ゲームパッド/セーブステート
●Oswan公式サイト

Oswan(改造)は9割以上のゲームソフトに対応した高い互換性を誇るワンダースワンエミュで、他にはないセーブステートに対応していることが特徴です。本家のソースコードが公開されているため日本人の方が改造に取り組みました。

バグフィックスや再現性の向上、本家で完全ではなかったセーブステートも搭載され楽しく遊ぶことができます。日本語でやり取りできることからも一番期待できるエミュではないでしょうか。

Oswan関連リンク
WSCamp
ワンダースワンエミュ: WSCampの起動画面
性能:
★★★★☆
コスト:
フリーウェア
対応OS:
Windows
機能:
サウンド/ゲームパッド
WSCampアイコン
●WSCamp公式サイト

一時期までWSCampは完成度が高くサウンドに対応している唯一のワンダースワンエミュでした。開発終了していますのでOswanに抜かれてしまった部分もありますが、グラフィックやサウンドの品質は今でも高いと思います。

特に設定しなくても動作するので扱いやすくコントローラーにも対応していますが、セーブステートなどの便利機能が搭載されていないことが惜しい点です。

WSCamp関連リンク
Cygne
ワンダースワンエミュ: Cygneの起動画面
性能:
★☆☆☆☆
コスト:
フリーソフト
対応OS:
Windows
機能:
なし
Cygneアイコン

Cygneはサウンドに対応していませんがゲーム動作数は比較的多く、動作も軽いワンダースワンエミュです。OswanやWSCampなどの再現性が高い強力エミュに押されている感はありますが、作者によるとサウンドに将来的に対応予定のようですし気長に待ちましょう。

WS(ワンダースワン)はバンダイが発売した携帯型ゲーム機です。ゲームによっては縦向きに遊べるようにボタン配置がされている。携帯型ゲームとしては当たり前になった通信機能も搭載されています。カラー化するタイミングを先越されたのが敗因か。

エミュレータとは

各種ゲームソフトをパソコンで遊べるようにするツールをエミュレータといい、初心者でもカンタンに扱うことができます。

しかしゲームソフト(ROMイメージ)の取り扱いには注意が必要で自分が持っているソフトで遊ぶことは問題ありませんが、不特定多数の人にROMイメージを配布することは著作権法違反となりますので気をつけてください。

■注意事項
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

Copyright © 2000-2016 エミュサーチLight. All rights reserved.